はじめに

朝起きて、鏡を見ると、顔がパンパン!ムクンじゃった!
昨日飲み過ぎたせい?夜ふかししちゃったから?泣き過ぎたかしら?
と原因はあるかもしれないけれど、こんな顔で人と会いたくない。
でも、仕事に行かなくてはいけない。
そんな経験はありませんか?

顔が大きくなったと感じたり、目が腫れぼったくなった気がしたりすることもあります。
ちょっと待って、もしかして、体もムクンでいるから痩せないんじゃないの?
そうだとしたら、水を飲んでも太るっていう感覚は、ムクミみのせいかも…
体の巡りが悪いせいなのかもしれない…

あなたは「リンパセルフケア」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
リンパセルフケアとは体内循環を自分で良くする方法のことです。
ピュアスクールではスタイルアップするために、ムクミに効果的なリンパセルフケアを行っていくことをお勧めしています。

この記事は、なぜリンパケアのセルフケアが痩せ易い体になるのか?
その理由について詳しく解説します。

なぜリンパセルフケアは痩せ易い体にできるのか?

その理由は2つあります。

  • リンパ液が滞るとムクむ
  • 体内のリンパ液は不要なものを排出させる

それぞれについて、詳しく解説します。

「ムクミ」の正体はリンパ液だった!

「リンパ液=体の中の水分」で、たえず循環しています。
朝、顔がムクんだり、また夕方、足がムクんだりとよくいいます。
見た目にはっきり分かる場合もあれば、全然、変わらないのにムクんでいる場合もあります。
無自覚症状ですね。
「私、ムクんだことないわ~」っていう人がそうです。
まさに私がそうでした。
朝、まぶたが腫れぼったくなった経験もなく夕方、靴がきついと思ったこともないので自覚はありませんでした。
自覚がないだけで、「私は違うわ!」という方も、 この世にニュートンが発見した重力がある限り、長時間同じ姿勢でいるとムクむのです。
顔がムクむのは、夜寝ている間、横になっている姿勢を長時間するからです。
また、夕方、足がムクむのは、朝から起きて立っている姿勢が長くなるから足に水分が溜まっていくのです。
私も、ムクみが取れて初めて「私は今までムクんでいたんだ!」という実感しました。

体の約60%は水分です。
その内、リンパ液は約7%で、血液はわずか約5%です。
例えば、体重を50kgとすると、約30Lが水分(リンパ液は約3.5L、血液は約2.5L)となります。

リンパ液は、体の中を循環した後、血管に戻ったり、汗や尿になって出ていきます。
循環が悪いと、皮下組織にその水分が過剰に溜まってしまいます。
その皮下組織にその水分が溜まった状態をムクみといいます。
結果、リンパ液の流れが悪いとムクみとなります。

リンパ液には体の中を掃除する役目がある

リンパ液には、「排泄機能」という大切な役割があります。
「排泄機能」は、体の中の余分な水分、タンパク質、老廃物、毒素を体の外に出す機能です。

私たちは、毎日、栄養を取り入れて、余分なもの出しています。
その余分なものを、リンパ液が運んでくれて排泄しているのです。
そのため本来、手間をかけずに、自然にダイエットすることが可能ということです。

しかし、リンパ液の流れが悪くなると、排泄されるべき老廃物と脂肪がくっつき体の中に留まります。
これが、ダイエットの大敵であるセルライトという皮下脂肪の肥大化を引き起こします。

このため、体の中の不要なものが排泄されれば、体の深部から綺麗になることが可能となります。

出典元:https://ameblo.jp/ddwts503/image-12201679818-13752797174.html

実際にリンパ液の循環が悪くてムクんでいる状態が、リンパケアをすると瞬間で改善されます。
この効果は、リンパケアだからこそです。
一般的なダイエット方法では、この即効性はまずあり得ません。

一般的なダイエットは、効果が出始めるのも1~2ヶ月早くても2週間ぐらいです。
なぜなら、リンパケアと違って食事量や運動では、じわじわとしか効果がわからないからです。

まとめ

リンパ液は体内の水分で滞るとムクむので、循環を良くすれば見た目にスッキリとします。

リンパセルフケアは即効で循環をよく出来るのと、続ければ循環が良い状態を保つことで、

身体が自然にやせ体質に変わっていきます。

このことから、「いかにリンパケアがダイエットに効果があるか」ということが

わかっていただけたかと思います。

 

そして、このリンパセルフケアと合わせると効率よくダイエットできる方法が美ダイエットウォーキングです。

美ダイエットウォーキングについては以下の記事で解説をしております。

ぜひご覧ください。

『ダイエット効果のある歩き方/美ダイエットウォーキングとは』